岡山 県立 美術館。 ミュージアムショップ KENBI CIFAKA

岡山県立美術館

館内には2つの大展示室があり、2階の常設展示室では「岡山の美術」をメインテーマに、中世から現代に至るまでの日本画・洋画などを常時展示。 また、の、の、のである・・・の作品、のなどを所蔵し、そのジャンルは古・・・・彫刻・・書など多岐にわたる。 -連絡先- TEL:086-225-4800 FAX:086-224-0648 e-mail:kenbi pref. 、起工式。

19
牧谿 老子図(重要文化財) 交通アクセス [ ]• 観光MAP• 岡山県立美術館について 白っぽい花崗岩と黒っぽい磁器タイルをふんだんに使った外観は、岡山城の天守閣(烏城)をイメージ化している。

作家情報一覧から探す

基本情報 開催期間 2021年2月10日(水)~3月14日(日) 開催場所 岡山県立美術館 住所 〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-48 電話番号 086-225-4800(岡山県立美術館) 公式サイト• 常設展として所蔵している美術品は「岡山の美術展」として公開するほか、特別展として全国の美術館の巡回展などが行われ、優れた美術品に触れる場を提供している。 本展は雪舟生誕600年と玉堂没後200年を記念して、日本美術史上で燦然と輝く巨匠ふたりに揃って「里帰り」してもらうという、これまでにない企画です。 (昭和63年) 、開館。

10
同館は、郷土ゆかりのすぐれた美術作品を収集・展示するとともに、内外の芸術活動を紹介する展覧会やイベントを開催し、県民の幅広い文化活動の発展に寄与することを目的として設置された。 旧)、である「廬山図」、同じく重文の雪舟「山水図(倣玉澗)」、宮本武蔵「布袋図」、浦上玉堂「山澗読易図」、国吉康雄「祭りは終わった」、平櫛田中「五浦釣人」などがある。

交通・料金・開館時間

沿革 [ ]• 公共美術館として郷土を重視するのは当然であるが、県立美術館のなかで同館ほど「郷土ゆかり」に徹する館は珍しい。 四御神(しのごぜ)行きまたは前行き 「表町入口」下車、徒歩3分• 必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 収集方針は、岡山の美術をメインとし、それを支える作品や資料を絵画・彫刻・工芸などジャンルを問わず集めるというものである。

PDFで開きます 駐輪場:雨の場合は地下駐車場にお停めいただけます。 主な収蔵品は岡山ゆかりの芸術家の作品で、雪舟「山水図」、宮本武蔵「布袋図」、浦上玉堂「山澗読易図」など。

駐車場あります

それぞれにユニークな人生の魅力もさることながら、時代に先駆けた彼らの作品群は、今なお私たちに新鮮な感動をもたらします。

14
開催概要 EVENT DETAILS 会期 2021年2月10日 水 〜2021年3月14日 日• 主な作品として、「老子図」(「鼻毛老子」と言われる。 これら名品の数々によって、彼らの創意工夫や強烈な個性、そして意外な共通点が明らかになるとともに、水墨画の真髄に触れていただけることでしょう。

交通・料金・開館時間

施設の設計はなどの作品で有名な建築家・によるものである。 収蔵作品 [ ] 岡山県にゆかりがある・・・・・・・・・・・・・・・・らをはじめとした画家の作品を品含めて約5000点を所蔵する。 から東へ徒歩15分• (60年) 、岡山県企画局に県立美術館開設準備事務局を設置。

5
また、や外部講師による講座やワークショップなどを催しており、美術の普及活動にも力を入れている。

【岡山県立美術館】アクセス・営業時間・料金情報

江戸時代の岡山城下天神山(現在の岡山市北区)に生まれ、琴を奏でた文人・浦上玉堂(1745~1820)。 バス 藤原団地行き 「美術館前」下車、徒歩すぐ• 岡山出身の水墨画家「雪舟」と「玉堂」の作品約160点を展示 岡山生まれの水墨画家といえば、備中赤浜(現・総社市)出身で室町時代に活躍した禅僧・雪舟と、岡山城下天神山(現・岡山市)出身で江戸時代の文人・浦上玉堂。

料金は各自でご確認下さい。 マップ. 岡山県立美術館編集・発行 『岡山県立美術館収蔵作品選2018(館蔵ならびに寄託作品による)』 2018年3月25日 脚注 [ ] []. 営業期間 公開:9:00~17:00(入館は16:30まで) 休業:月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)、展示替え期間中 所在地 〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-48 086-225-4800 交通アクセス 1 岡山駅から路面電車で5分 城下下車から徒歩で3分 2 岡山ICから車で20分• 彼らの創意工夫をはじめ、強烈な個性や意外な共通点など、水墨画の真髄に触れるひとときをお楽しみください。